FC2ブログ

10月の収支と振り返り

資産推移
11 /01 2018
 Screenshot_20181031-235545_bitFlyer.jpg

10月の出来事
・RippleのカンファレンスSWELL2018を開催
・Tetherへの不信感からBitfinexで乱高下
・仮想通貨自主規制団体JVCEAを国税庁が認可
・レバ規制2~4倍が議論される
・コインチェック新規口座開設再開

ダウンロード 

10月振り返り
・長期ペナントのなかで推移
・今年最低の低ボラ

ビットコインのチャートは長期ペナントの先端まで来て先細っている
ここまでレンジの値幅がないと無理にトレードする意味もなく
サロン砲も息を潜め方向感のない相場が続いている

月初のアルトの高騰をみて
ビットコインのブレイクを狙っていったが見事に肩透かしでマイナススタートとなった
その後はチャンスというチャンスもなく方向感のない展開が続いた
たまにあった簡単な場面の席を外していたことも多々あり
10月は減らさないことに方向転換した

月末にかけてコインチェックの話題でやっと動き始めるかと
スイングを強めていったが噛み合わず少ない利益を減らして終了

界隈の月次報告を見ても目立って稼いでいる人はいなかったように見える
みんな手控えムードでなにか大きな材料がなければ
このペナントを抜けていくのは難しい
一旦ブレイクすればまたみんな戻ってくると思うので
それまでは防御強めで行きたい
スポンサーサイト

9月の収支と振り返り

資産推移
10 /01 2018
 Screenshot_20181001-000404_bitFlyer Wallet

9月の出来事
・zaifハッキング
・主要アルトの急騰
・フルフリ仮想通貨引退・・・
・CMEのBTCETF審査延期
・強制LC事件

9月振り返り
なんといっても9/6の強制LC
これに尽きる

安易なナンピンを決め込んで
そのまま10万以上の下落を食らい一瞬で-350万

実はその2日前に200万ほど出金してたので不幸中の幸い
それがなければ-500万ぐらい食らってたのかもしれない

その翌日からは割り切ってコツコツ稼ぐことに専念した

今回、すぐにこの考えに切り替えられたのは
1,すぐに取り返せる金額でなかったこと
2,食らったのが一瞬過ぎて終始他人事だったこと

1については、いつもならやられた翌日辺りにムキになりそれ以上の損失を食らっていたが
今回は金額が大きすぎて取り返そうという気さえ起きなかった

2については、ほんとにエントリーからLCまでが一瞬すぎて(おそらく2分弱)
実感がなかった
切られたのに切られたことに気づいてない的なやつ
だから心理的にも悔しさや焦りがあまり湧いてこなかったというのがホントのところ

だからすぐにいつものトレードが始められたのかなと思う

依然としてビットコインは安値圏の攻防の最中ではあるけども
アルトコインも回復基調で
来月から年末にかけては盛り上がってくれることに期待したい

年次チャートがだいぶ汚い形になってしまったが
リスク管理に重点を置き2度と強制LCを食らわないよう心掛ける


8月の収支と振り返り

資産推移
09 /01 2018
328f7604-ad48-48bf-a8ac-5ad0977d3068.jpg

8月の出来事
・ETFの申請却下
・コインチェック復活せず
・GMOコイン板取引延期
・bitmexのメンテ狩り
・サロン勢の台頭
・フルフリ復活
・ケイスケホンダ
・楽天参入

9月期待
・GMO板取引
・SBIVC板取引
・コインチェック再開
・CBOEのETF申請可否

今月も終わってみればイベント盛りだくさんの月だった
月前半はETF承認期待で相場が活気づき
さらにインフルエンサーたちがサロンを開き
その圧倒的な会員数で一大勢力になった

また、以前FXやハイローで話題となったフルフリが配信を再開して
仮想通貨界隈にも受け入れられて一躍ときのひとに

そのほかにbitpointが本田圭佑を広告塔に宣伝を開始したことは
仮想通貨界隈にとって明るいニュースとなった

トレードに関しては
今月から貼る枚数を一気に増やして臨んだが
うまくさばくことができず
右往左往してる間に一気に過去最大のドローダウンを食らった
だいたい負けるときは
1日目大きく負けて翌日さらに取り返そうとして倍以上負ける
もうこれはセットといった感じ
そのあとは
枚数の貼り方、エントリータイミングを調整して
コツコツ、じわじわとドローを回復できた

一瞬心が折れかけてがこれまで積み上げてきた自信と
失敗の原因がはっきりしていたこともあって
焦らず以前のペースに戻すことができた

来月から年末にかけて
仮想通貨界隈に資金が流入してきて活気が戻ってくれると期待したい

7月収支と振り返り

資産推移
08 /01 2018
 372b9ba0-b389-4551-acd7-9c50f61272d4.jpg 
7月の出来事
・ブラックロックの仮想通貨参入期待上げ
・CBOEのbitcoinETF申請
・bitflyer893の爆益報告
・SFDBOT大量発生

全体として先月に比べてボジティブなニュースが一気に増え
ビットコインを取り巻く環境がだいぶ明るくなってきた

月前半は底値圏のレンジでシンプソンズチャートばかりで
非常にやりにくい相場だったが
16日を過ぎた頃から一転してブラックロックのニュースを材料に
大量の資金流入期待から買いが集まり
4時間レベルの下降トレンドを転換させる大きな流れが発生した

この辺からトレードしやすい環境になったが
それまでの低ボラに慣らされ必要以上にLOTを張ってしまい
高ボラに対応できず損切を繰り返し結局恩恵を受けられずじまいだった

その後誰もがロングと思える状況になると
いつものごとくSFD5%になり上値抵抗となってそれ以上伸びることができなくなった
今回はさらにSFDBOTの販売も加わってより強固に5%に張り付いてしまい
月末はまともなトレードがほとんとできなかった

SFDの問題については
このままSFDに対してなんの対策もなく自然に剥がれるのを待つしかないのか
それともトレーダー自ら四半期先物に大移動するのか
他の取引所がスタートするのを待つか
来月はいずれかの対応が迫られる

GMOとSBIVCが板取引を予定しているというニュースもあるので期待したい

先月の収支に比べてほぼ倍の収益となったが
もっとうまくやれたなという反省が多く残る結果となった
上昇相場で界隈が盛り上がっていたタイミングで全く稼げていなかったのが辛い
相場と全然噛み合っていなかった

8月はCBOEのETFの審査結果やコインチェックの復活など
ファンダもあるので大相場になる予感







6月の収支と振り返り

資産推移
07 /01 2018
月収支201806

6月の出来事
・ビットフライヤーへの業務改善命令
・マウントゴックスの民事再生法開始
・韓国取引所ハッキング
・SBIVC開設


5月からの上値抵抗線に頭を抑えられ抜けることが出来ず
値動きとしてはヨコヨコからの急落を繰り返して
2/6の安値付近まで突っ込んできている状況

短期の値動きは相変わらずのシンプソンズチャートで
もみ合いからの突然のブレイクばかり
しかも最近は上下に大きなヒゲばかり作るので
ブレイク狙いは難しい相場だった

6月最終日にこの上値抵抗線をブレイクしてきている
あわせてコインチェックの復活もそろそろな気がするので
7月はもっと大きな値動きを期待したい

個人的には月後半から枚数負荷をかけてトレードしてきたが
不慣れなためパフォーマンスに悪影響だった
まあ初めは仕方ないと思っているので
大相場が来たときに全力で責めれるよう今から慣れておきたい

界隈の爆益報告がすごいけど
今は新規の入金がストップしており
同じビットフライヤーのトレーダー同士の奪い合いなわけで
ますます難易度は上がっていきそう